任意整理の代表的なものの1つに過払い金の請求があります。任意整理では、取引の開始時まで遡って、現在施行されている利息制限法を適応することが可能です。お金の貸し借りを行う法律には、金利の上限を15~20パーセントに定める「利息制限法」の他に、出資法と呼ばれる、上限金利が29.2パーセントにも及ぶ法律の2つがありました

貸金業者は、利息制限法と出資法の2つの法律の上限金利の間に挟まれている部分に注目し、その範囲で金利を決めていました。これがいわゆるグレーゾーン金利というものです。そのため、長らく借金の返済をしている人はグレーゾーン金利の利率で借金を返済していた可能性があります。これを利息制限法の上限にまで引き下げて金利を再計算するため、余計に支払っていた金利の部分は「過払い金」として返還を求めることができます。過払い金は借金の返済にあてることができるだけでなく、借金の金額よりも多くなった場合には手元に残すことも可能です。

また、任意整理の場合は他の債務整理と異なり、裁判所を通さずにお金を借りた人と貸した人だけで交渉を行うことができ、弁護士が代理人として交渉することが可能です。債務整理に強い弁護士に対応してもらうようにしましょう。