債務整理方法に任意整理を選ぶことによりメリットとデメリットが生じます。メリットは勿論ですが、債務整理を行う場合にはデメリットがつくことも理解した上で臨みましょう。

任意整理のメリットとして、一番大きな部分は、過払い金が合った場合の返還が請求できることになります。また、裁判所を通さないので比較的簡単に行うことができ、第三者に知られる心配も少ないです。弁護士などに依頼をした時点で貸金業者はお金を借りている人に直接催促することができなくなるため、督促の電話や手紙に悩まされていた人にとっては気分的に良いでしょう。任意整理は自由度が高いところも特長で、全体ではなく一部だけ整理したいといったことも希望が通る場合があります。

一方のデメリットには、ブラックリストに入るため新たな借入が一定期間(5年程度)できなくなるという点や、債務の減額幅が自己破産や個人再生と比べると小さく効果が低いといった点が挙げられます。また、最近では業者の中にも任意整理を拒否するところが出てきており、当事者同士でのやり取りが必要な任意整理では解決しない問題も出てきているという点にあります。

その他の債務整理においてもメリットとデメリットは存在します。債務整理を行う際、特にデメリットについて納得した上で進めるようにしましょう。デメリットの説明をきちんとして、確実に借金整理をしてもらえる弁護士を選ぶことも重要です。